錠前と鍵

家や車の鍵を無くしてしまった時はすぐに業者や警備会社へ依頼しよう

大事な鍵

粘土の家と錠前

家の鍵や車の鍵は、生活することにおいてとても大事なものです。勿論、これ以外に使用している鍵も大事でしょう。
ですが、そんな大事なものであっても無くしてしまうことはあります。例えば、家の鍵を無くしてしまったとなれば、家に入ることができません。家族や誰かと住んでいるというのなら、一緒に住んでいる人が帰ってくれば家の中に入ることはできます。ですが、一人暮らしはどうでしょうか?一人暮らしだと、近くに管理している人がいればスペアキーを持っているかも知れませんが、遠くに管理している人が住んでいる、または無くしたと気が付いたのは夜中だったという場合は、家の中へすぐ入れない状態となってしまいます。
これは、家だけではなく車なども同じです。ですから、万が一大事な鍵を無くしてしまった場合はどうすればいいのかを知っておきましょう。

もし、大事な鍵を無くしてしまった場合は365日24時間対応してくれる業者や警備会社に依頼したほうがいいでしょう。これは、インターネットで検索すれば簡単に見つけられます。
インターネットで業者を見つけたら、そのホームページに電話番号やどういった流れで行なってくれるのかを詳しく掲載してくれています。そこに電話してみることで、業者や警備会社のスタッフが対応してくれるようになっていますので、鍵を無くしてしまったことを説明してすぐに来てもらうようにしましょう。
そうすれば、困ることはありません。それに、鍵を無くしたことで防犯性が心配だというのなら、新しい鍵に取替えてもらうこともできます。そうすれば、無くした鍵で他人に入られてしまうという心配は無くなるでしょう。
しかし、一人暮らしで賃貸マンションなどに住んでいる場合は、一度管理している人に相談してから取替えるようにして下さい。勝手に取替えてしまうと、後にトラブルへ発展してしまうことがあります。

無くしたらどうする?

家の模型

車の鍵を無くしてしまったら、車に乗ることができません。もし、無くしてしまった場所が遠出したところであれば家まで帰られないという状況になるでしょう。そういった時は、鍵の紛失に対応してくれる業者に依頼しましょう。

詳細へ

防犯の方法

積み木の家と鎖

車の防犯対策として、欧米ではイモビライザー搭載が基本となっています。日本でも新車であれば選べるようになってきました。イモビライザー搭載の鍵作成はどうしても一般的な鍵よりも値段が高くなってしまいます。

詳細へ

防犯意識を高く持つ

警備員

防犯意識が高い家庭において自宅の鍵をディンプルキーというものに交換する方が増えています。特徴として合い鍵が作りにくい構造となっているため、それによって空き巣被害のリスクを高い確率で回避することが出来ます。

詳細へ